« 昨年の世界10大携帯メーカー 中国企業は4社ランクイン | トップページ | 中国はじめ海外市場展開への補助金=700万円 4/22締め切り迫る! »

2013年2月26日 (火)

尖閣問題で日中共同製作映画「一九〇五」が頓挫


チャイナプロジェクトの樋笠です。尖閣問題の影響も和らいでいく期待が見える中、ちょっと悲しいニュースです。主演予定の俳優3人は全員好きなので、見たかったなぁ…(泣)。プレノン・アッシュが配給した侯孝賢(ホウ・シャオシェン)の『百年恋歌』も、DVDで観ましたが、味のあるいい作品でした。


尖閣問題で前田敦子さんらの日中共同映画が頓挫

 
読売新聞 2月25日(月)
 
 民間調査会社の帝国データバンクは25日、映画配給会社「プレノン・アッシュ」(東京・港区)が20日付で、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたと発表した。
 
 尖閣諸島問題の影響を受け、企画・製作を手がけた日中共同製作映画「一九〇五」が事実上頓挫し、資金繰りに行き詰まった。負債総額は約6億4300万円。


 

 「一九〇五」は、1905年の横浜を舞台にしたアクション映画。黒沢清監督の下、香港出身のトニー・レオンさん、松田翔太さん、元AKB48の前田敦子さんの3人が主演し、今秋の全国公開を予定していた。しかし、尖閣問題の影響を受けてトニー・レオンさんが事実上出演を見送り、撮影が滞っていた。
 
 同社は88年創業で、外国映画を中心に配給を手がけた。97年のカンヌ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した「ブエノスアイレス」(王家衛監督)を配給し、ヒットさせた。
 
 帝国データバンクによると、2000年10月期の売上高は約5億2000万円だったが、近年は配給作品が減少し、11年10月期は、約5000万円まで落ち込んでいた。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130225-00001046-yom-soci
 

« 昨年の世界10大携帯メーカー 中国企業は4社ランクイン | トップページ | 中国はじめ海外市場展開への補助金=700万円 4/22締め切り迫る! »

中国ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1621683/49660430

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣問題で日中共同製作映画「一九〇五」が頓挫:

« 昨年の世界10大携帯メーカー 中国企業は4社ランクイン | トップページ | 中国はじめ海外市場展開への補助金=700万円 4/22締め切り迫る! »

ウェブページ

フォト
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

twitter